酷い肩こりに悩んでいる方は必見

肩こりの原因は色々あるが、眼精疲労、頚椎ヘルニアなどが主流となると考えられる。また、姿勢の悪いことが原因になったり、緊張した状態の連続が原因になったりすることもある。

眼精疲労疲労は現代社会の目を酷使した生活習慣、例えばパソコン、携帯の使用、ゲームなどが考えられる。ヘルニアについては、事故や、運動による怪我、生まれつきの頚椎変形なども原因があると考える。

緊張や状態の連続はまさに現代社会の人間関係の中での自己の立場などのありかたによる自己調節能力の限界からくる事もある。さて、ではどのようにして現代人は肩こりを回復させようとしてるか考えてみよう。

まず、湿布、エレキバン、消炎鎮痛剤の軟膏、クリームの使用が初めに浮かぶと思う、それでも効果が期待できないときは、整体に通院したり、ストレッチに通ったりする。また、鍼灸院に通院する人もいる。

最近ではヨガなどで体質改善をし回復しようと考える人もいる。また、内服薬では、まず、痛み止め、ビタミン剤の服用が効果的で特にビタミン剤では、ビタミB12が神経の修復には良いと考えるられている。

ビタミンEは抹消血行障害改善には良い。最近の市販薬は総合的に配合されたものも多く、消費者にとっては逆に選ぶ範囲が多くの大変なこともある。

枕や寝相の問題もある

1日24時間の内、4分の1を私たちは睡眠に使っています。そして、1日の4分の3で生まれた疲労をその時に回復しています。睡眠はとても大事な物です。

ところがその大事な時間に安眠や熟睡できないという人が最近増えています。特に夏場は寝ても寝たりない、中々寝付けないと様々な理由がありますが、簡単な方法でこれらを改善することができます。

良く言われるのは寝る前に牛乳を飲む、食事を調節する等の方法が挙げられますが、実は意外な方法で安眠・熟睡が可能になります。それはクーラーをつけっぱなしにすることです。

人間は寝る際に体の温度を一定に保ちます。その温度調整機能を使うと体は動いている状態に近くなり、結果的に寝た気がしないといった原因になってしまいます。ここで外部の温度を一定の値に保つと体内の温度を調整せずに済み、体はゆっくりと休めます。

ここで注意するべきなのはクーラーの設定温度です。あまりに外気温が低いと体は熱を発してしまい、余分なエネルギーを使用してしまいます。大体25~28℃に設定すれば熟睡できます。また、扇風機のつけっぱなしはやめましょう。

扇風機は風が直接人体に向かい続けてしまうため、局所的に体の温度を下げてしまいます。もし扇風機を使う際には首振り・リズム風機能を活用して、体温を下げすぎないように注意するようにしましょう。